歯医者、眼科医

眼鏡とコンタクトレンズの写真。

現地で医者にかかるとなると大変なこの二つ。事前に日本で保険の適用される内に検査しておくことをお勧めします。

歯医者

オーストラリアでは歯の治療に海外旅行保険は適用されません。

その為、もし渡航後に歯に問題が起きると、高額な料金を払って治療するか、我慢するか、日本に一時帰国するかの、苦しい選択を強いられることになってしまいます。

虫歯や親知らずの治療には時間がかかる事が多いので、出発の1カ月以上前には歯医者で診てもらうようにしましょう。

実際、ファームの友人が虫歯等でオーストラリアの歯医者にかかった時の、衝撃的な体験談を下に記します。

友人の体験

オーストラリアで歯の治療費が70万円! と言われて一時帰国した友人

オーストラリアのファームで一緒に生活していた友人が、歯が痛いと訴えました。彼は海外で歯の治療にかかると高額な費用が掛かるという事を知っていたので、自分でなんとか治そうと、熱した金属で虫歯の黒い部分を焼いたり、ロキソニンを毎日のように接種したりしていたのですが、それも次第に効かなくなり、夜も眠れなくなってしまいました。

仕方なく日本語の通じる歯医者に向かうと、そこで医師から言われたのは、治療にはなんと8000ドル(当時の日本円で約70万円相当)もかかるという事!

そんな大金を払うことはできず、しかし痛みにもこれ以上耐えられなくなってしまいました。ファームで稼げる時期が来る寸前でしたが、彼は日本に一時帰国し、治療して戻ってくる、という苦渋の決断を下したのです。

彼の場合は歯の悪い所が2,3箇所もあった為そこまでの値段を言われたようですが、虫歯一つでも数万円~十数万円相当、掛かるとも言われます。

歯は必ず検査してから、渡豪するようにしましょう。

眼科医

メガネの人は度が合っているか確認しておくことをお勧めします。

メガネに関しても検眼は基本的に海外旅行保険適用外です。壊れたメガネを直すには携行品保険特約などが適用されるかもしれませんが、新しいものを買うとなるととても高いです。

 

またコンタクトレンズも念のため事前に使えるようになっていると良いでしょう。

こちらも保険が適用されないので、現地でコンタクトレンズを作るには敷居が高いです。

一度コンタクトレンズを作ったら、オーストラリアでも安くオンラインで購入することができます。

 

メガネもコンタクトレンズも、作ったらレンズの度をメモしておくと安心です。

筆者の体験

私はオーストラリアで友達にフットサルに誘ってもらった時、メガネを外してプレーしてみると、敵も味方も分からないくらいにボヤけてしまって、満足に楽しむことができませんでした。

この事があった為、私は日本に帰国すると、すぐにコンタクトを作りました。